自分を楽しむ♪

こんばんは。

 

実は昨日、とてもショックなことがありました。

 

誰かに言うと、それは愚痴になってしまうので、その後会ったお友達にも言わず、飲みも断り、やるせなく一人ワインを買って帰りました。

 

こういう時、あなたならどうしますか?

 

過去の私だったら、誰かにひとまずブチまけて、共感を得て安心し、相手が悪い、自分が被害者だと思おうとしていました。

 

でも、今は違います。

 

あ、思わず、FBには投稿して同情を得てしまうという失態はしましたが。。。

 

そのぐらいは許してください〜、笑

 

潜在意識の法則からいうと、自分が観ている世界は全部自分の投影です。

 

あれも、これも、戦争も、飢饉も、災害も、、、

 

恐ろしいですね!

 

でも、事実です。

 

災害や戦争は集合的意識で起こります。

 

世界は見事なバランスでできているのです。

 

あなたの潜在意識の投影が世界に観えてきます。

 

まずは遠くから。。。

 

意識の外周から現れてきます。

 

でも負に思える全ての出来事にも、陰陽があります。

 

そこにはマイナスもあればプラスもあるのです。

 

コインに表と裏があるように。

 

それらはちゃんとバランスを保っています。

 

だから、その正体を直視することが大事になってきます。

 

こんちくしょーーーーーーーっ!!と思ったその事実の中に、自分の内側にある感情に気付きます。

 

怒りは二次的感情。

 

その裏には必ず一時的感情があります。

 

実はそこがクセモノで、見たくないことだったりします。

 

でも、勇気を持って直視しましょう!

 

そして、感情を露わにして泣くなり、羞恥心でいっぱいになったり、なんでもしちゃってください。

 

そこを押さえつけると、またやってきます。

 

認めます。

 

自分の無力さ、傲慢さ、無知さ、愚かさ、惨めさ、、、

 

感じ切っちゃってください!!

 

でもその裏にある、暖かい感情も感じてください。

 

認めてください。

 

優しい気持ちや、
愛したい気持ち、
許したい気持ち、

 

そんな暖かい感情があると思います。

 

でも、それを認めてしまうと、上に書いた、

 

惨めだったり、
無力さだったり、
愚かさだったり、
無知さ加減だったり、
傲慢さだったり、

 

そういったところを直視しなくてはいけません。

 

責めることはないのです。

 

ただ、そうだったんだ〜、
そんな風に感じたんだ〜って優しく自分を見守ってあげてください。

 

その感情、大事な学びをくれたけど、
もう手放すよ〜って決めたら、

 

優しく手放します^^

 

わたくし、今その真っ最中〜

 

正直言うと、まだ直視できておりません。

 

でも、そういう人間くさい自分を愛します。

 

こんな体験をさせていただいたことに感謝♡

 

あなたがどんな感情を抱いたとしても、世界はあなたの味方ですよ。

 

一番忘れちゃいけないのは

 

自分を責めないコト!です。

 

自分を楽しみましょう♪

 

あなたがあなたらしく輝きますように☆

 

☆「神様から全力で応援されるようになるメルマガ」はこちらから
https://maroon-ex.jp/fx31818/Jv7xSz

☆自分らしく輝くための「寺子屋・大和」はこちら
http://bit.ly/2cs7Yha

☆個人セッションのお申し込みはこちらから

個人セッション

*****************

育自コーチング・自活コンサルタント
足達啓子

☆足達啓子Facebook
〜ねこと一緒にメッセージを届けています・フォロー大歓迎
https://www.facebook.com/keiko.adachi.35

☆よろしければ、LINE@もご登録ください。
@vpe9295g で検索してくださいね。

これを実行すれば女子の人間関係が気にならなくなる

こんにちは。

啓子です。

 

 

さて、先日の女子の人間関係の対処法です。

 

 

まずイジメには一切ひるまないことです!
そこは強くなりましょう。

 

 

世界があって、あなたがそこにポツンといるのではなく、あなたが世界を創っています。

そのことを腑に落とすことが一番大事なことです。

 

 

世界の仕組みを思い出してください。

思考が現実化しています。

あなたは「そんなこと思っていないーーーっ!!」と思うかもしれません。

でも、この世界の全てはエネルギーで波動であることから、周波数の合わないものは共振しません。

現実として見えてこないということです。

 

 

現実に見えてくるものは全て鏡なのです。

この言葉はよく聞きますね^^

真実だからです。

 

 

あなたが同じようにイジメをしたからイジメが見えてくるのではありません。

もちろん、そういう場合もありますが、そんな単純なことではありません。

 

 

全ては波動だと言いました。

それはジャッジをしないのです。

あなたにとって、あなたが思う「イイ・ワルイ」を判断しません。

まず「イイ・ワルイ」の思い込みに気づきましょう。

 

 

ただの現象です。

科学反応です。

こういう要素があったからそういう結果が出た、それだけです。

そんなものだと思ってみてください。

 

では何に反応するのか?

エネルギーの波動に共振しているだけです。

 

 

感情も波動です。

あなたの波動は一つではありません。

たくさん複雑に絡み合ってできています。

あなたの心の底にある感情を見てみましょう。

 

 

イジメられる=自分は悲劇のヒロイン=自分が正しい(と感じる現象)

正しいと感じたい=正しくないと感じている

 

 

何を正しいと思いたいのか?

その答えは自分しか持っていません。

ヒントは今までの経験にあります。

 

 

今目の前にある現実を変えたければ、自分の無意識下で感じている感情を探るのが近道です。

複雑な方程式を解いていく作業をしてみましょう。

 

 

大事な事はそこから目を逸らさないことです。

それを「ダメなこと」と判断しているのはあなたの「思い込み」です。

「思い込み」の枠を外して、本当の自分を見てあげましょう。

 

 

そうすることで「思い込み」から解放されて、そんな現象を見なくても良いことに気づきます。

 

 

途中で疲れちゃったら止めてもいいのです。

やめるのがダメというのもあなたの思い込みだから。

 

 

自分に甘くていいのですよ。

あなたは愛されていて「悪いことなどない」のですから。

そういう素晴らしい存在なのです。

 

 

マイペースで進んで下さい。

ルールを作るのはあなただけです。

そこを信じて下さい。

そして信じたら、実行することです。

あなたは実行して初めてその事実を知ることになります。

 

 

実験を行う、、、

その繰り返しで、あなたは不思議な世界を体験することになります。

 

 

騙されたと思ってやってみてくださいね。

私も最初は「藁にもすがる想い」だったので、とにかく実験してみたのです。

行動することだけが真実を知ることになります。

 

 

あなたはあなたのままで素晴らしいってことを知ります。

そして相手も相手のままで素晴らしいと思えます。

 

 

上記のことちゃんと信じて実行すると必ず解決していきます。

世界が変わる奇跡をあなたは観ることになります。

 

 

今お話ししたことを実行することで必ず解決していきますが、一人じゃ不安!どうしても信じられない!などサポートが必要な方は、個人セッションをお申込みくださいね。

個人セッション

女子の人間関係〜ヤヤコシイけど愛おしい

おはようございます!

 

 

先日、私の同級生から女性同士の人間関係の悩み相談を受けました。

50歳過ぎても、女子は女子、人間関係はいろいろあります。

私はそういうところから卒業することができています。

もともと、女子の資質は少なく、だからこそ人間関係が複雑になっていた時期がありましたが、現在はだからこそ複雑さに巻き込まれないようになっています。

 

 

相談してきた彼女も女子資質は少ない方ですが、見た目と仕草が女性らしい。

そういうところが「妬み、嫉妬」を買ってしまいます。

 

 

相談内容は、趣味の教室で、いわゆる”周りを巻き込んで「権力」を持っている女性”からいわれもない言いがかりをつけられたというものです。

 

 

「○○さんは小柄でかわいいから馬鹿な男がチヤホヤしちゃって褒めてるけど、私は背が高くて怖く見えるから褒められなくて損しているわ」

 

 

なんてことを皆の前で言われ、その場にいなかった彼女の作品をいつも褒めるという男性のことを散々こき下ろしたというのです。

周りの彼女の取り巻きの方々も同調して、その男性の悪口を言っていたそうです。

 

 

その場に彼女本人がいたにもかかわらず、、、

 

 

彼女はなんて言っていいか分からず、いたたまれない気分だったようです。

当然ですね。

 

 

これはかなりな上等テクニックな「イジメ」ですね、笑。

目の前にいる彼女ではなく彼女を好意的に見ている男性を彼女の前で散々にこき下ろす。

 

 

そのことがあって、もうその教室には行けないと彼女は思ってしまいました。

その男性にも申し訳ないと。

 

 

また狭い世界なので、他の教室に行っても横のつながりがあり、どこに行っても彼女の権力があるから、好きなことなのに続けられないかもしれないと悩んでいました。

 

 

まぁ、よくあることかもしれませんね。

 

 

こういったことは「女性の特性」から現れる現象です。

 

 

女性の困った特性

・自分より恵まれているように見える人に対して嫉妬する

・表面では褒めるけど影では悪口を言っていたりする

・群れたがる

・ヒガミを正論にすり替えて攻撃してくる

・自分の意見よりも群れの中での立場を重視する

 

などなどですね。

 

 

でも、これらは「困ったちゃん」でもありますが、女性の「可愛らしさ」でもあると私は思います。

 

 

そして、これらに巻き込まれて悩んでいる本人も、自分の中の女性の資質を満足させていたりします。

 

 

女性のヒガミ、妬みというのは、いつも自分が「選ばれたい」という想いから来ています。

 

 

これは女性が「男性から崇め奉られ、守ってもらえる存在でありたい」という乙女心ですね。

 

 

お姫様気質です。

なんて可愛いんでしょ^^

これは幾つになっても変わりません。

 

 

女性は男性よりも物理的に弱い生き物です。

だから生き抜くためには男性から守ってもらわなければいけません。

そのための本能ですね。

男性に選ばれなくてはならないのです。

 

 

でも表立って「私を選んで〜」なんて言えません。

男性自ら「選びに来て欲しい」のです。

 

 

それが叶えられないと、自分がとても哀れに可哀想に思えてきます。

だって本能的には自分より強い物質である男性に守ってもらえないと生き延びるのが難しいと感じてしまうからです。

 

 

でも、自分が可哀想って認めたくありません。

だから、自分が選ばれなかったことが間違いであることを正論として世間に認めさせようとしてきます。

選ばれた女性が「(自分より劣っているのに)男性に取り入るのが巧みだった」とか、「その男性が見る目がなくて馬鹿だった」とかですね。

そして周りを巻き込み仲間を作り、自分の「正しさ」を強調して同意を得ることで安心しようとします。

 

 

どんなに見た目が怖くても、キツイ口調で人を傷つける人でも、女性はそんな「可愛いらしい生き物」ということを、まず念頭に置いておきましょう。

 

 

自分が傷ついた事実を認めたくないための行動、言動なのです。

 

 

なので、まず、そんな攻撃を受けても気に病まないことです。

「あ、女性の特質、一生懸命自分を守って可愛いな」って思ってあげましょう。

 

 

そこの本質をあなたが見て嫌だなって思うことは、あなたの中にもその部分があるからです。

 

 

私はそんなことないわ〜って思いましたか?^^

宇宙の法則からいうと、自分の中にないものは見えてきません。

一人の人間の中には4000もの性質があります。

どこに濃度が高く出ているかだけです。

 

 

そして全てに波動がありますから、波動は共振します。

見えてくることは共振していることになります。

 

 

なので、相手を許せない!と思うのは自分を許していないことに繋がります。

相手を許すことで、実はあなたが癒されていくのです。

 

 

思考が現実になる世界の仕組みと実際の対処方法は、次回詳しく書いていきますね。

 

 

今日はこれまで〜^^

 

 

 

 

誰もが愛したい!

昨夜は4年前に一緒の講座で潜在意識を学んだ方の

音楽ユニット活動の「さよならライブ」があり、

最期の観おさめ(聴きおさめ)に行ってきました。

 

 

会場には、期は違えど、

同じように潜在意識を学んだ仲間が集まっていました。

こういう時、何年経っても、

普段お付き合いというものがほとんどなくても、

応援に駆けつけることができる仲間って素敵だなって思いました。

 

 

そして、そこはいつも

居心地が良く安心できる空気感で満たされるのです^^

 

 

なぜだろうと考えた時、

私たちが潜在意識を学んだ講座では、

自分も相手も同じということを肌で感じ、

みんな良くなろうという愛があったからだと思いました。

 

 

それはフェイスブックでも書きましたが、

「誰もが愛したい」んだなって思います。

 

 

安心して愛することができれば、

そこには「愛と感謝」しか生まれないのです。

 

 

腹の探り合いも自分が優位に立とうと

することも必要のない世界、

そんな世界がそこにはありました。

 

 

愛を信頼する、、、そんな感じです。

 

 

愛を信頼することができないから、

尖ってみて自分を守ろうとするのかもしれない。

 

 

でも、本当はみんな愛したいのです。

 

 

相手を愛したいは、自分を愛したいことだし、

自分を愛したいは、相手を愛したいこと。

 

 

だから本当は全ては愛おしいんですね。

自分の中の属性が。

みんなの中の属性も。

いろいろな反応があるから、世界を楽しめる。

 

 

私たちの受講した講座は

「安心して愛していいよ」ってことを

教えてくれたように思います。

 

 

それによってどこまでも素敵な繋がりが広がっていきます。

そこを肌で感じた私たちが、

今度はそれを別の誰かに伝える。

アウトプットしていくことで循環が生まれます。

 

 

音楽にせよ、

言葉にせよ、

文章にせよ、

メソッドにせよ、

アウトプットすることは、

世界に価値を提供することです。

 

 

安心して愛することができるってことを世界中が感じたなら、

成長しあったり、協力し合うことはあっても

不毛な争いは起こらないのではと思います。

 

 

たくさんの愛と豊かさが循環しますように〜♪

 

 

「悔しい」という感情

こんばんは。

お酒を飲みながら仕事するのをやめた啓子です。

 

 

悔しいーーーーーっ!!

 

 

こんな風に感じたこと
誰しもありますね。

 

 

試合で負けた
テストで負けた

 

 

ライバルに先を越された
馬鹿にされた
騙された

 

 

人間だもの
いろいろありますね^^

 

 

え?わたしですか?

 

 

もちろん、あります!!

 

 

実は今朝もある人の記事を読んで

なんとも言えない想いにかられました。

 

 

 

そういう時って一生懸命

自分を守ろうとしていますね。

 

 

自分を直視できず、

認めることができず、

相手に感情の矛先を向けることで

ごまかそうとしています。

 

 

本当は違うのにね。

 

 

自分の心を見る、認める

ってことに怖れを感じています。

 

 

だから懸命に突っ張って、

隠して蓋をしようと無駄な努力しちゃうのですね。

 

 

蓋をしたその本当の心は

苦しくて悲しくて、、、

 

 

ここにいるよーーーって

隠さないでーーーーって

 

 

叫び続けるのですね。

 

 

だから隠したつもりでも

ずっとモヤモヤ、、、

晴れない気持ちになってしまいます。

 

 

 

でもね、わたしは最近はそんな感情が

一瞬で変われるようになりました。

 

 

メッセージをちゃんと

受け取ることにしたのです。

 

 

まず自分自身と自分の世界へ信頼を置きます。

 

 

そうすると、

悔しさは自己への愛おしさに変わり、

自分が今やるべきことが見えてきます。

 

 

隠してしまおうとしたその感情、

そこをありのまま見つめてあげるのです。

 

 

怖くても嫌でも直視しちゃいます。

 

 

そしたら気づくのです。

 

 

あーーーー、

その意味づけ、自分が勝手に決めちゃっていた!って。

勝手な「思い込み」だったって。

 

 

 

意味づけは、いつだって

誰でもない自分自身がしています。

 

 

自分を傷つけているのは

自分だったってことに気付けます。

 

 

そこに気付くと

メッセージが降りてきます。

 

 

さっきまでのモヤモヤはなくなって

安心できるのです。

 

 

 

私はこうして文章を書いていますが、

誰一人全く同じ顔や声がないのと同じで

全く同じ文章はどこにも生まれません。

 

 

そこには「個性」があります。

 

 

同じ意味のことを書いていても

文中に漂う空気感や伝わる温度などが

「らしさ」を表していきます。

 

 

「らしさ」に上下をつけるのは主観だけで

本当は「上手、下手」すら存在しません。

 

 

 

そこにあるのは「役割」だと思うのです。

それも自分の世界だけの「役割」です。

 

 

競争があるなら、

それを自分が選択しているだけですね。

 

 

この出来事から、

この人から、

 

 

何を感じたかったのか、

何を学びたかったのか、

 

 

そんなことを考えるとね、

私の世界で役割を演じてくれた人や出来事に

「ありがたさ」を感じずにはいられません。

 

 

「おかげさま」

 

 

いい言葉ですね。

 

 

こんなに素敵で世界を表している言葉、

日本語の響きって素晴らしいです。

 

 

悔しい!っていうのも

人間だからこそ♡

 

 

有難く感じ切りたいですね。

 

 

「サトリ」ということに近づくって

自分に優しくなることかもしれません。

 

 

ビバ♡ニンゲン

 

潜在意識に届いていること〜人間関係の解決法・私の体験その2

こんばんは。

ポップアップドリームコーチの啓子です。

 

 

さて、前回の記事の続きを書きます。

もう展開が本当に出来すぎていて笑っちゃうんですが、

私が居た会社では、当時しょっちゅう部署替え、席替えをしていました。

その無駄な部署替えも私をイライラさせる要因ではあったのですが、

部署替えのたびに私の状況は悪く、悪くなっていったのです。

 

最後には私の一番苦手としている人が右隣、

私を明らかに嫌っている人が左隣、

そしてその二人は仲がいい。。。

 

想像しただけで最悪じゃないですか?笑

 

でもまたすぐ席替えなり部署替えなりがあると思っていました。

ところが、その状況は2年も続いたのでした!!

 

仕事もどんどんキツくなり、

私の担当するお客様や私の担当する案件は問題ばかりでした。

私は一人で大変な量の仕事をこなし、

大変なお客様を抱え、

取引先と部下に悩まされ、トラブルとハプニングの連続でした。

 

なぜ私だけがこんな目に?

そして、誰も私の大変さを理解しない、

 

上司や同僚、取引先、お客様

全ての人間関係が最悪でした。

 

 

心の中で私はこう思っていました。

「あなた達に出来るの?」

「何、愚痴ってんの?私の仕事見てよ!」
「お喋りする余裕もないの!」

「でも、私、一生懸命やってこなしている!」

「もうっ!あんた達どうして仕事しないのっ!!」

「どうして私ばっかりこんな目に?」

 

 

今思えば、それは潜在意識にこう届いていました。

「私にしか出来ない仕事がある!」

「大変なことは私がする!」

「解決出来るのは私だけしかいない!」

「私は誰も出来ないことをやれるんだ!」

「良い者は悪い者にイジメられる」

「私を認めるなー!」

 

潜在意識はもちろん、こんな風に言語化して解釈しません。

その時の感情だけを感じます。

 

その感情は

緊張、焦燥感の後の自己満足感や自己肯定感などです。

 

うーん、それだけではないですが、、、

感情を言語化するのは難しいですね。

 

自分を自分で認められない、肯定できないから

他人と比較することで安心し、

他人から評価される出来事を自分で創っていたのです。

 

「良い」と安心するために「悪い」ことを創り出し、

「上」と思いたいから「下」を創っていました。

「上」と思いたいということは自分を「下」と実は思っていて

そこでも「上」を創っていたのですね。
ややこしいですね、笑

 

これがどうやって解決したかと言うと、

そんな中、お友達の付き合いで「前世占い」に行ったのです。

私は占いなんかどうでもよくて(占い師さん、ごめんなさい)

ここぞとばかりに自分の職場での愚痴をぶちまけました。

 

すると、その占い師が、

「今のあなたの状況を打破するには一つだけ方法があります。

それはあなたを悩ませる全ての人達の幸せを願うことです。

その方達が幸せだったら、あなたを悩ませないのですよ。」

 

ゆる〜く言うとこんな感じの言葉になりますが、

実際はもっと私の「自尊心」をくすぐるものでした、笑

私はその時から自分を自分で「承認」「愛する」ことが出来たのだと思います。

 

その占い師さんには心から感謝しています。

彼と会っていなかったら現在の私はなかったのです。

彼は私の性格やそこに在るものを見抜いて言ってくださったのだと思います。

エネルギーが解る方だったんですね。

 

私を素直に従わせてくださいました。

翌日から私はとにかく「嫌い」「厄介」な人達の幸せを祈りました。

接触があるといつもは「キーーーーっ!!」ってなっていたのが、

「○○さんに幸せが訪れますように。」と思うようにしました。

心の底からですよ。

無理矢理ですけどね。。。笑

 

すると、本当に本当に不思議なことが起こりました。

今まで2年間変わらなかった状況が、みるみる変わっていったのです。

半年も経った頃には、私の周りは「心地よい」人間しか居なくなっていました。

 

部署替えがあったり、退職していったり、

担当が変わったり、友好的になったり。。。。

 

私はもう自分で自分を試したり、自分を確認する必要が無くなっていたのです。

私は自分を認めることが出来ていたのだと思います。

他人の評価に委ねる必要がなくなった、、、

潜在意識を勉強してからそういうことだと理解しました。

 

これ使えますからね!

そして強力です^^

 

潜在意識に他人と自分の区別はありません。

他人の幸せを願うと

「幸せが好きーーーー」って言っているのと同じことになります。

 

他人の成功を願うと

「成功が好きーーーーー」です。

 

潜在意識はどこまでも忠実なので、全て叶えてくれるのです♡

 

Try it ♡

潜在意識,人間関係,悩み

 

 

 

潜在意識に届いていること〜人間関係の解決法・私の体験

こんにちは。
ポップアップドリームコーチの啓子です。

 

前回の投稿で、人間関係の具体的な解決法を書きました。

今日はそれを利用した私の体験談をお話します。
その頃の私は会社員でした。

何度も泣いたり悔しい思いをしたり、どうして自分だけがこんな人間関係になるのか?と悩んでいました。

 

潜在意識を知らない頃の私は、

当然のように世界があって、そしてその中に自分がいる。

世界で起こることは自分ではコントロールできないところにあると思っていました。

それは、自分の環境や回りの人達に自分の人生を委ねていることになります。

自分の回りの人間関係は、自分では選べないと思っていたのです。

そういう私はそれこそ「くれくれ星人」でした。

良い環境が欲しい!
良い人間が欲しい!
良い人間に好きになって欲しい!
悪い人間は近づかないで欲しい!

私を見て欲しい!
私を認めて欲しい!

私はこんなに良い人間なの!(だから認めろ)
私は正しいことをしているのよ!(あなたより上!)

そんな風に心の中で求めていたのですね。

求めれば求めるほど
私の環境は悪化していきました。

 

その当時は「なぜ自分だけがこんな目に、、、」と理不尽な思いを抱いていましたが、今はこんな風に思っていたから願いが叶っていただけだと思えます。

 

潜在意識に届いていることはこうです。

 

良い環境が欲しい!→今の環境は大変
良い人間が欲しい!→回りの人間は自分を不快にする
良い人間に好きになって欲しい!→自分を好きになる良い人間がいない
悪い人間は近づかないで欲しい!→悪い人間が近づいている

私を見て欲しい!→自分は見られていない
私を認めて欲しい!→自分は認められていない

私はこんなに良い人間なの!→悪い人間がいる
私は正しいことをしているのよ!→間違っている人間がいる

 

潜在意識は「今」が「全て」ですし、

「全て」が「完全」なんです。

 

その時の感情を全て叶えるシナリオを用意してくれます。

当時の私にも完全な人間関係のシナリオを潜在意識は用意してくれました。

 

私のシナリオはこうでした。

自己主張の強い強烈なキャラクターが否応なしに私の回りに集まってきました。

私の回りに集まってきた同僚達は会社の愚痴や人の悪口ばかり言っていました。

我が儘で傲慢で自分の事しか考えていない、そんな人達です。

だから平気で上司から与えられた仕事を「自分は忙しい」と言って断るし、弱い立場の人間に優しく接することも出来ず威張り散らしていました。

だから私に「大変な仕事」や「面倒な事」が降り掛かってきます。

 

私は仕事を断ることをしませんでしたし、人には優しく接していたと思います。
私が自分自身に対して思いたいこと・・・

「仕事が出来るよ」

「親切だよ」

「正義の味方だよ」

でも、こう思うためには相対が必要です。

「仕事が出来ない人」

「自分勝手な人」

「悪者」

そこと比較して自分は「○○だ」と思いたいのです。

 

どういうシナリオが創られるかは、私達の中にある「思い込み」が関係してきます。

「ヒーローは大変な目に遭うが最後に勝つ」とか

「大変なことをすると褒められる」とか

私たちは知らず知らず、小さい頃から社会やテレビドラマなどで思い込みを刷り込んできました。

 

「努力することが良い事」というのも「思い込み」です。

「お金は苦労して手に入れるもの」というのも「思い込み」です。

「悪者がいてヒーローがいる」というのも「思い込み」です。

それが叶っているだけなのですね。

 

私の場合も

自分が「ヒーロー」になりたいために「悪者」を創り出していたのですね。

自作自演なのです。

 

「ほら、人に出来ないことを私は出来ているの」

「人が嫌がる仕事も引き受けた、偉いでしょ」

「人と違ってちゃんと仕事をしているの」
それが全て叶ったもう笑っちゃうぐらい完璧な人間関係を創ってくれました。

・・・続く

潜在意識に届いていること〜人間関係の悩み解決法

こんばんは。
ポップアップドリームコーチの啓子です。

 

昨日の投稿で、「自分の世界に観えてくるもの(捉えているもの)は全て自分の中にあるモノ」というお話をしました。

 

実は、ココがとってもミソなのです!
ココだけと言ってもいいぐらい。

潜在意識と仲良くして人生を楽しく自由に生きるためには、全て例外なく認める必要があります。

今日はその中でも、特に認めたくない(であろうww)人間関係についてお話します。

 

いつも嫌味なニックきあの人も

責任逃ればかりする空威張りなバカ上司も

言う事を聞かない子供も

ぺちゃくちゃウルサイ同僚も

全部自分の中に在ります!
(あちゃーっ!!ですよね^^)

嫌いなのは、あなたの中にあるその要素を嫌っているから。

 

嫌っていると、目を背けたくなります。
ついつい蓋をしちゃうんですね。

ただなんとなく感情だけが残る感じかな。。。

 

そうすると、また出て来ちゃう。

蓋をチョイチョイとずらして、あなたの現実に顕れてきちゃうのです。
手を変え品を変え、ね。

どこに行っても同じような感情になる人に出会うのはそのためです。

 

この解決法としては

荒療法ですが、その人になりきってみるといいです。

その人の色々な背景を考えてあげて、

どんなことでもいいので、

「あ〜、だからこんな人間になったんだな〜」って想像してあげてください。

 

それこそ産まれた時から現在まで、どんな生い立ちだったのか、

事細かに想像してあげてください。

 

当たってるとかハズレているとかありません。

あなたが感じるコトが正解です。

 

あなたに観えているのが、あなたの世界のその人だから。

細かくシチュエーションをリアルに考えれば考えるほど効果があります。
あなたにとって嫌な事をしたり言ったりした時のその人はどんな気持ち?
その人になりきって想像してあげてくださいね。

 

その人になりきって、一日過ごすのもいいです。

 

あなたの胸がチクっと痛んだり、

演じながらあなたは気分が悪くなってしまったりするかもしれません。

 

でも、そこから目を逸らさないでください!!

 

嫌だな〜って嫌わないで、

その感情を理解して認めてあげて、そして解放してあげるのです。

 

あなた(その人)は、カワイソウな人ではありませんよ。

惨めでもダメな人でもありません。

 

そう思っているのは、あなた自身の「思い込み」だから。

ただそんな感情があった、、、それでいいんです。

 

そこにイイもワルイもないのですね^^

 

胸がチクチクしたりザワザワしたり

そんな事が無くなるまで続けてあげてくださいね。

 

あなたがする事は、全てを認めることだけです。

そしてその感情を味わえてよかったってこと、

その感情を味わったおかげで受けた恩恵に目を向けてあげてくださいね。

 

それが牙を剥くなら、収まるまで付き合ってあげましょう。

 

そしたら、自然と感謝と納得が訪れて、手放すことができますよ♡

 

そして、いつの間にかその人が居なくなるか、

本当に別人のように変わったりします!

不思議ですよ〜♪
是非ご経験を!

 

Let’s try♡

ポップアップドリームコーチ
足達啓子